フォトアルバム

カレンダー

  • calendar

星座占い

  • 占い

    -占い-

まねき猫

  • 招き猫

カウンタ

  • カウント

RSS

更新ブログ

ゆう子の部屋

電卓

  • 電卓

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/23

五浦六角堂崩壊

Photo_3
この度の東北大地震で,、2006年に行った事がある [岡倉天心] が愛した北茨城の五浦海岸がどうなっているのか気になっていましたので、
「茨城県天心記念五浦美術館」のHPを見てみました。
震災からもう10日にもなるし、と思って電話phonetoをかけて問い合わせをしてみましたら、
やはり、六角堂が5mの津波で壊れてしまったそうです。housetyphoon
海の岩の上に建てられた、1_2六角形の中国風な建物だったのに、残念です。shock

ここ五浦海岸は、[岡倉天心]が芸大校長を辞職してから、自分と共に付いてきた弟子達と「日本美術院」を立ち上げ、
ここ北茨木の景勝地五浦海岸に移りました。
茨城大学天心研究所HP

その後は、ボストン美術館の中国・日本部長になり、「東洋の理想」「茶の本」「日本の覚醒」等を書き、日本よりも海外での評価の高い
日本美術に貢献した人物です。Photo_4

私が、何故此処へ行ったかと云えば、主人の祖父 [谷江長] が [岡倉天心] の甥のあたります。
以前から天心の事を調べていましたので、主人の妹の子の結婚式に東京に行った時、足を延ばして、ここ五浦海岸にも行ってみました。
やはり、天心が愛した処!で素晴らしい景勝地でした。eye

その時、宿を取ったのが福島の[かんぽの宿 福島]です。
JR福島駅を降りると私達だけの様で、また[かんぽの宿福島] の宿の目の前は、黒松林と白い砂浜が続く磐城海岸県立自然公園。客室からは雄大な太平洋を一望し、朝は素晴らしい日の出が、夜は塩屋崎灯台の灯りと漁り火が印象的でした。 01 02_2


周辺には何も建物が無い、ローカルな処だった事を覚えています。

ここ五浦海岸で、案内をして頂いた方(村田さん)の事も気なりましたので電話mobilephoneしましたら、
お家は屋根が一部壊れただけで、元気に暮らしているそうです。良かった!! happy01
ここ五浦海岸から、福島原発が見えるそうです。(福島第一原発とは約50kmの距離)
地図(Map)

大きな地図で見る

どんなに綺麗な景勝地かは、2006年に私が作った五浦海岸と天心BOOKでご覧下さい。

↓下記をクリックしてご覧ください。
①五浦海岸1

②天心BOOK

③五浦海岸2


[福井県と岡倉天心] の中にも下記の記述があります。
明治39年4月下旬、ボストン美術館に所蔵する美術品を購入するため京都・奈良に向かう途中、福井県に立ち寄った。
その際、機織業を営む異母姉の坪田百やその夫の均を訪問し、旧交を温めた。また、天心が坪田家を最後に訪問したのが、
亡くなる3年前の明治43年。坪田夫妻の次子・谷江長氏6_2によると、夜が更けるまで一緒に飲み明かしたという。[天心書簡より]

2011/03/22

原発動画

Housyanou
この度の福島第一原発で、2号機が爆発した写真が、日本の方へは後のガレキ状態の静止画しか見せていないけど、
BBC放送tvが30Kmから撮影した動画を [You Tube] に送信しUPしています。impacttyphoon

↓下記のURLです
BBC原発爆発

この動画はおそらく東電か国等が撮ったmovieモノでしょうが、何故我々日本人には見せないのでしょうか?
遠い、直接には関係しない国の者には見せるようにビデオmovieを提出してからに!!

疑問に思います。東北の方に不安を与えない配慮か、国民がパニックを起こさない様にか、どうかは解りませんが、
ガレキ状態の静止画cameraを見せるのなら、同じでしょと言いたいし、何か隠されているのか?と変に疑ってしまいます。sign02

メディアも、国のお抱え(御用) 原子力専門家を出演させて、安全ばかり強調しているけど!
もっと事実を出して欲しいと思いました。写真を見て個人個人の自己判断にまかせたら!防護服だって、ペラペラの白い防護服だったので、これで安全な服かしら?、pout

どうして、アメリカの原子力空母から頑強な防護服を借りないのか?
援助に来ているのなら、それに甘えるべきでないかと感じました。

2011/03/20

Web171

Web171この度の東北地方大地震は、もう一週間以上も過ぎても大きな余震がいつまでも続き、気温も低く寒いし不安でしょね、被災者の方々の事を思うと胸が痛みます。catface
大津波に福島第一原発impactの問題が追い打ちをかけた感じ、早くどうにかならないかと思っています。
もう、集団移動しかないかと個人的には思います。
まだ、不明者の行方がまだ分からない方が多数もおられ、インフラが遣られたら、これほど携帯電話mobilephoneの役立たないのには、平和時にしか使えない携帯電話の在り方を考えさせられたのは私だけでは無いと思います。

不明者の行方捜しにパソコンpcでも出来ると、災害用ブロードバンド伝言板「Web171」がNTTから出されました。
(これはチェーンメールで無いので、UPしました)

でも、被災していない者は、PCpc使えるから利用出来るけど、食べ物riceballも暖房もガソリンも不足し、電気も寸断された被災者には何の役にもたたないもどかしさです。

携帯電話mobilephoneは衛星から交信出来る様にしてたら、被災直後電池が切れるまでは使えていたのに、また自動車無線(ハム)の様な形式にしていたらと(まあ、電気が切れたらハムも使えないけど)、
どうして、最初からしていなかったのかと悔やまれます。
この際、大震災で学んだのだから、通信会社telephoneは携帯電話phonetoの交信手段を考え直して欲しいものです。

もう、想定外の事も考えなきゃ!Oth_pen23

下記に災害用ブロードバンド伝言板「Web171」の使い方があります。
Web171

母逝く

2011.3.9 実母が97歳で天寿、苦しみも無く逝った。
92歳の時、直腸がんで手術をしたが、
生前、いつも「私はコロッと逝きたい!」と言っていたので、
穏やかな顔であったし、苦しみが無くって望み通りになった。

我が実家は、神道だから、神道形式で祭った。
祭るとは、神道の場合は神霊を慰める儀式です。
母は「大刀自命(おおとじみことのり)」 になりました。
大は長寿であった事、神道は人が亡くなると、神になるのだそうです。
母をおくる時、この「雛祭り」の曲をかけましたので、音楽入りにしました。
母をを忍んで Flash-suraid を作ってみました。
下記の画像をクリックして、お入りください。