フォトアルバム

カレンダー

  • calendar

星座占い

  • 占い

    -占い-

まねき猫

  • 招き猫

カウンタ

  • カウント

RSS

更新ブログ

ゆう子の部屋

電卓

  • 電卓

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011/10/19

上海の夜景

Syanhaiyakie1

先月に行った大躍進した上海夜景のビデオがやっと出来ましたので、UPする事にしました。
やはり、カメラがフラフラして、一寸見苦しいかな?

これだけいっきに急成長をし、GDP(国内総生産)も世界2位になってきた。
でも先日BS放送で周恩来の身内や側近等が語る周恩来の実像を放映してきたけど、毛沢東とは晩年は意見や考え方を異にしたとある。
文化大革命の時も毛沢東が晩年は権力が自分から離れつつあるのを、又自分が率先してやった失策を取り戻そうと焦って、若い学生や若者を中心とした人達を利用して文化大革命と称してやった事は、周恩来は本質的には反対であったが、今この時期に国が分裂したらいけないし、あれだけ多くの多民族(50民族)をまとめていかなければならなし、劉少奇等の様に失脚したくなかったので、結局、対決しなかった。

文化大革命が、中国を遅らせたと云われているが、自分が推薦した鄧小平は、1978年に改革開放を提唱し、以降中国経済は近代化が始まることとなり、今は急成長し、世界の経済にも影響をする国にのし上がった。

あまりの短期間による急成長で、今現在、中小企業が倒産しつつあるとある。
ここの国は、都合の悪い事は発表しないし、統計数字だって、事実通りに発表する訳ではないので、バブルがはじけたら、色々色んな事が出るかもね?


下記からお入り下さい。
上海の夜景

2011/10/12

コスモスのパノラマ

Umi04
一面のコスモスの花、どうやって写せば良いのか分からず、
パノラマが良いのではと思い、一面のコスモス畑ををパノラマにして見ました。

写真をクリックするとスクロールを「開始・停止」します。
音楽は 「マリア エレナ タンゴ」です。
海の中道のコスモスパノラマ 

海ノ中道のコスモス

Umi15

撮影会に海ノ中道のコスモスに行って写してきました。
いつもは海ノ中道は車で行くけど、この度は船で行きました。
西戸崎の利用は初めてです。西戸崎を「にしとざき」と云って、訂正されました。
やはり、ふっと出るのは西は「にし」です、「さい」とは中々出ません(ー_ー)!!
西部ガスがあるから読めるのですが!それが、よそ者の証拠かしらね?

それにしても、数年前くらい前に一度行った事がある処ではないかと思います。
その時は、まだこんなに広くなかった様な気がします。
一面のコスモスsign01どっやって写そうかと案じたくらいです。
お天気が良くなかった割には暑かったです。
スライドショウをつくりましたので、ご覧ください。

海の中道のコスモス

2011/10/05

大宰府の灯明

9月25日(日)、撮影会に「大宰府の灯明」(古都の光)に行って来ました。
5時半に集合、8時からお神楽があるとの事で三脚を構えて待つ事2時間半!!
灯明が始まってろうそくが灯されdiamond、肉眼的には幻想的で素晴らしく良いのですが、
写真的には今一でした。

最初から良い場所は確保出来ず、お神楽が始まったら、後ろからおばさんに押され、
押さない様に注意はしたけど、前で見たいからドンドン押し寄せてくる。pout
結局、帰ってみたらボケボケばかりの写真で使い物になりません(>_<)

この写真が貴重な一枚です。

Kagura3sKagura4s


2011/10/04

ワード作成旅行記 ②

ワードでアルバムを作る。第2弾、
ファイルをブログに挿入するやり方で、Word2010を、PDFに変換させてUPしてみました。

容量が大きいので分割しています。 いかがでしょうか?

Sya35
④ 豫園(上海の名庭園)
costa_4

⑤ コスタクラシカの船上
costa_5

⑥ 上海の夜景
costa_6
Sya62

2011/10/03

ワード作成旅行記 ①

主人がワードでアルバムを作っていたので、せっかくなので利用してみよう、後から画像補足をして、Webでは昔のバージョンの時はUPした事があったけど、忘れてしまった。
ファイルをブログに挿入するやり方で、上海画像アルバムを出せるかどうか?
試してみました。当方Word2010です。PDFに変換させてUPしてみました。
容量が大きいので分割しました。 お試しあれ!!
① 表紙 ~ 済州島 ~ 民族博物館
costa_1
Costa09_2
② 上海に向けて ~ 船上にて ~上海
Costas
costa_2
③ 上海見学 ~ 玉佛禅寺 
Costa07_2
costa_3


戻る時はプラウザの戻るボタンで、どうぞ!

上海

Sya01sSya05s Sya14s_2

3日目は上海に着き、下船してOPせの観光、何しろこのOPはバタバタで年寄には過酷な観光オプションでした。
昼食にResで中華料理を頂きました。大きくてタワーの真下のレストラン、とっても美味しかったです。
日本人好みに味付けがしてあるのか、元々中華料理は上手いのか?
それから、オリエンタルパールタワー(東方明珠電視塔)の近くの公園で外灘とタワーを撮影、
→ タワーに上る、入り口でこの暑い33度(上海は亜熱帯の気候なので蒸し暑いのに)持っていた水を取り上げられた。
なんということなのだろうか、老女は上がらないと下で待たれた人もある。

→玉佛禅寺へ、ここには白いヒスイの仏像(1.9mの臥仏)があり、慧根上人がビルマから運ばれ、70名に及ぶ僧がいる由緒あるお寺だそうです。
文化革命中は周恩来によってヒスイの仏像が守られたそうです。

→お目当ての豫園(5エーカー)、着いたのが4時半5時までが開園なので、30分で駆け足で見学、見た様に無いし、落ち着いて写真どころではない。忙しい見学であった。
でも、さすが、名庭園というだけあって、小さな丘、岩の庭、蓮の池、太鼓橋、中国らしい出窓と見応えのある庭園でした。
もっとゆっくりと写真を撮りながら見学したかったです。

→帰船前に南京ロードを見学、もうすっかり暗くなっていたので、自由時間が30分ではなにも見ること出来なかった。
でも、さすが繁華街なので若い人達が多かったです。

→帰船し、食事を8Fの本格的チボリレストランで頂きました。
今日は、時間が遅かった(PM8時)ので、お客は少なく、スイスイと運ばれてきますので、2時間もかけて食べなくてすみました。
今日はオーダーを間違う事無くきましたので、野菜もデザートも食べられました。良かった(*^_^*)

下記にアルバムを作成しましたので、ご覧下さい。

上海の旅

初めてのクルージング

Costaps
コスタクラシカ(Costa Classsica)クルーズは、イタリアのジェノバに本社を置く定期クルーズ会社で、イタリア船籍です。
総トン数:53,000t 全長:220m 巡航速度:18.5ノット 総客数:654室 乗客数:1680人

クルージング日程:
→ 1日目 博多港14:00乗船 &出国手続きして出港 
→ 2日目 済州島(韓国)韓国最南端に浮かぶ韓国最大の島、周囲を流れる暖流の影響で1年を通して温暖なため「東洋のハワイ」と呼ばれ、2007年「世界自然遺産」になる。OPにて見学 
→  3日目「上海」(中国)経済、ファッション、食と世界的に注目を集めている。目覚ましい発展のビル群、中国の名庭園の豫園やオリエントタワー・玉佛禅寺・南京ロード等見処が多数あります。OPにて見学
→ 4日目一日中かかって日本に向けて航行
→ _5日目 朝8時博多港入港、下船。入国審査、通関後帰宅

2011/10/02

済州島

9/13~9/17まで5日間、と云っても2日間は行き返りなので、要するに済州島1日と上海1日のコスタクラシカクルージングに行って来ました。
生涯で初めてのクルージングです。
価格は、外国と云っても日本旅行するよりお安いものでした。

だからか、オプションの内容詳細を聞いても、船上新聞を見て下さい。の一点張りで何も教えてくれませんでした。
船上なので、退屈するかと思いきや、乗船(出国)に5時間かかり、下船(入国)に3時間かかりで、
日本旅行より経費は安くても一様は出国なので、時間のかかる事!!やれやれ!遊んだのは2日だけでした。

最初の上陸地は済州島です。海産物が豊かな、ゴルフ等で遊ぶ島かと思っていましたが、なんと低いですがビル多数ありました。
OPがあると聞いていたので、これを利用しました。(色々とコースがある訳でもないので)、
OP予定設定は最初はショッピングの処です。
それから、景勝地へ2か所、霧が込めた景勝地と→[龍頭巖](玉を盗んだ罪で岩にされた龍の伝説)
→済州島民族博物館(韓国本土とは様々な面で異なる独特な民族や自然を集約している処)へ
火山岩と石を使った済州島の全てが見れます。
Te04s


↓下記にアルバムを作りましたので、ご覧下さい。
済州島Chejyu